技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

「問題あり」として検出される項目です。
フォントサイズの指定に px および pt を使用している場合に検出されます。miCheckerの場合、検出対象は style要素あるいはstyle属性でページ内で指定されている ...

技術コラムWCAG 2.1

miCheckerの記事は休憩して、新しいホワイトハウスのサイトがとても素晴らしいので紹介します。

The White House

アクセシビリティステートメントも素晴らしいです。

Accessib ...

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

「問題あり」として検出される項目です。
表における見出しセル(th要素)の示す方向が、行方向なのか列方向なのかが曖昧であると判断され、かつ、その指定(scope属性)がない場合に指摘されます。どのような時に曖昧であると ...

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

「問題あり」として検出される項目です。
画像の代替テキストと隣接するテキスト、あるいは隣接する画像の代替テキストが同じ内容になっている箇所があるため問題として検出されています。

<img s ...

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

「問題あり」として検出される項目です。
フォームコントールにはラベルテキストが必要です。テキストラベルはlabel要素により定義するか、title属性により設定しますが、検出箇所ではそのいずれも存在しないため検出されて ...

技術コラムAMCC,miChecker

miCheckerが検出する問題の種類

miCheckerは問題を4つの種類に分けて検出します。
「問題あり」として検出する箇所は、ほぼ間違いなく問題を含んでいます。
「問題の可能性大」と検出する箇所は、問題ではない場合 ...

技術コラム

JIS X 8341-3 ではウェブページのアクセシビリティを検証する作業などに「試験」という言葉を用いることにしたため、みんなの公共サイト運用ガイドラインでも、ウェブアクセシビリティ基盤委員会でも、「試験」という言葉が広く使われるよ ...