お知らせ

WCAG 2.1 のウェブアクセシビリティ検査へのニーズが高まりつつあります。日本ではJIS X 8341-3:2016 すなわち WCAG 2.0 への対応までが殆どですが、ワールドワイドで活動している企業においては、SDGs/ES ...

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

「問題の可能性大」として検出される項目です。
DOCTYPE宣言がない場合に問題が指摘されます。

根拠

現在、DOCTYPE宣言がなくて誤動作するスクリーンリーダーは無いかもしれません。しかし、バリデータが誤 ...

お知らせ

申し込みフォームを一つ前の記事「miChecker勉強会のお知らせ (11月24日)」に追加しました。

お申し込み、お待ちしております。

お知らせ

11月に入り、官公庁・自治体のWebアクセシビリティ案件もだんだんと増えてきました。ここを読んでいただけている方も、アクセシビリティ対応に追われる日々が始まっているかもしれません。そんな方のために、miCheckerを使ったアクセシビ ...

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

「問題あり」として検出される項目です。
同じid値を持つものが2つ以上ある場合に問題が指摘されます。

根拠

idは、仕様上では1ページの中でユニークなものであることが求められています。同じ値を持つ物を複数設定 ...

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

::after疑似要素を用いてコンテンツが挿入されている場合「問題の可能性大」として指摘される項目です。

実際、これが問題であることは多く、検出された場合は注意して確認し、必要に応じて対処する必要があります。

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

::before疑似要素を用いてコンテンツが挿入されている場合「問題の可能性大」として指摘される項目です。

実際、これが問題であることは多く、検出された場合は注意して確認し、必要に応じて対処する必要があります。

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

「問題あり」として検出される項目です。
a要素の開始タグと終了タグの間に何もテキストの情報が提供されていない場合に、この項目が検出されます。

よく見かけるのはリンク画像を提供し、その代替テキストが空になって ...

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

「問題の可能性大」として検出される項目です。しかし、実際にはほとんどの場合が「問題あり」になります。
ページ内リンクにおいて、a要素の開始タグと終了タグの間に何もテキストの情報が提供されておらず、a要素にtitle属性 ...

技術コラムAMCC,miChecker

検出理由

「問題あり」として検出される項目です。
ページ内リンクにおいて、a要素の開始タグと終了タグの間に何もテキストの情報が提供されていない場合に、この項目が検出されます。

よく見かけるのはリンク画像を提供し、その ...